Now Loading...

INTRODUCTION

気鋭の若手演出家・熊林弘高が、野趣あふれるシェイクスピアの恋愛喜劇に挑む! 2016年の『かもめ』から引き続き、満島ひかり、坂口健太郎をはじめ、演出家の信頼厚い複数キャストが決定。


東京芸術劇場では若い演出家に新たな活躍の場を提供しています。気鋭の演出家・熊林弘高とは、充実した共同作業を積み上げてきました。シアターウエスト、シアターイーストといった比較的小劇場を主戦場にしていた彼にとって、初めて800席超のプレイハウスでの演出作品となったチェーホフ作の『かもめ』(16)。広い空間を効果的に使い、非常に挑戦的かつ魅力的な作品に仕立て、高い評価を得ました。1年に1作か2作程度と、演出家としては寡作で知られる熊林ですが、発表するたびに評価を上げ、今や多くの俳優が彼の作品への出演を希望するようになっています。 その熊林が今年演出する作品が、いたずら心も満載のシェイクスピアの恋愛喜劇『お気に召すまま』です。彼がこの作品を手掛けるという意外性も合わせて、どのような舞台になるのか、非常に興味深いところです。

百鬼オペラ『羅生門』以来2年ぶりの舞台出演となる満島ひかり、熊林演出『かもめ』で、主人公の一人である悩める青年、 トレープレフ役に抜擢されて鮮烈な舞台デビューを果たし、注目を集めて以来3年ぶり2度目の舞台出演となる 坂口健太郎のほか、中嶋朋子小林勝也山路和弘といった、熊林が信頼するキャストたちが、『かもめ』から引き続き再度集結。 さらに熊林作品で初舞台を踏み、4年ぶりに姉弟共演となる満島真之介、加えて熊林作品は二度目となる実力派若手俳優の中村蒼、 ベテラン個性派俳優の温水洋一も参加いたします。 熊林と組んで臨んだ『かもめ』のニーナ役では、自分の中のありったけを集めて演じたいと語り、 見事に舞台で輝いてみせた満島ひかりが今回演じるのは、坂口健太郎演じるオーランドーと恋に落ち、伯父である侯爵から追放されてしまうロザリンド。アーデンの森を舞台に、性差を越えて燃え上がる様々な恋模様を、いくつもの名セリフで紡ぎます。


STORY



青年オーランドー(坂口健太郎)は追放された前侯爵の娘・ロザリンド(満島ひかり)と恋に落ちるが、 父の遺産を継いだ実の兄オリヴァ―(満島真之介)に命を狙われていると知り、アーデンの森に逃げる。同じくロザリンドも、伯父である新公爵に追放されることに。 彼女はオーランドーを追って、従妹で新公爵の娘シーリア(中嶋朋子)と、召使のタッチストーン(温水洋一)を伴い森に向かう。 女道中では危険だからと、ロザリンドは男装して“ギャニミード”と名乗る。 森で暮らすオーランドーはロザリンドのことばかり想っている。 そこに”ギャニミード”が登場して彼の恋の悩み相談に乗る。 ついには「自分をロザリンドだと思って口説いてごらん」と言い、オーランドーは彼が実はロザリンドだと知らずに、思いのたけを告白。二人の恋愛ごっこは次第にエスカレートしていく……。


STAFF

作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:熊林弘高



CAST


満島ひかり

坂口健太郎

満島真之介

温水洋一

萩原利久

碓井将大

テイ龍進

Yuqi(UQiYO)

広岡由里子

久保酎吉

山路和弘

小林勝也

中村 蒼

中嶋朋子

TOKYO

2019年
7月下旬~8月中旬(予定)
東京芸術劇場 
プレイハウス 


お問合せ
東京芸術劇場ボックスオフィス
0570-010-296 (休館日を除く10:00~19:00)


主催
東京芸術劇場


※ほか豊橋、新潟、兵庫、熊本、北九州公演あり