INTRODUCTION

緻密でヒラメキに満ちた演劇的仕掛けの名手
熊林弘高が、初のシェイクスピア作品に挑戦

出家 熊林弘高は、念入りなリサーチと考察を重ねた上で、ヒラメキに満ちた演劇的仕掛けを劇中にほどこし、優れた実績をあげている気鋭の演出家の一人です。手掛ける作品は1年に1作か2作、と寡作ですが、2010年の『おそるべき親たち』で演劇ファンをうならせる手腕を発揮し、2015年の芸劇Rootsシリーズ第二弾、清水邦夫作『狂人なおもて往生をとぐ』を手掛けた際は、清水作品とは思えないヨーロッパ演劇のような味わいを醸し出すなど、作品を発表するごとにその評価を上げてきました。そして、2016年の『かもめ』では、小劇場規模の作品を演出してきた彼にとって、800席を超える劇場への初挑戦となりました。繊細な手触りはそのままに、空間の広がりを見事に生かした演出で観客を魅了し、高い評価を得ました。


そしてこの度、熊林は初のシェイクスピア作品となる恋愛喜劇、『お気に召すまま』に挑みます。一見意外な取り合わせですが、熊林がこの作品を選ぶには必然がありました。それは、この作品が性の深淵に迫る作品とも解釈される点にあります。熊林作品は、人間のエロスとタナトス、根源的な生と死への欲求、予定調和にはおさまりきれない人間の情動を、美しく繊細に、残酷に描いてきました。社会の規範に抑圧されてもなお、抑えきれずにあふれるかのような官能に、観客は惹きつけられるのです。

 

「アーデンの森」が熊林の手により、
官能と性のカオスと化す!

お気に召すままで一般的には牧歌的なユートピアと解釈されている物語の舞台“アーデンの森”を、今回は人間のあらゆる性的欲望がうごめく暗闇と解釈し、物語が展開します。森に入っていくヒロイン・ロザリンドの男装、その男装の麗人に恋の手ほどきを受けるヒーロー・オーランド、さらに、宮殿から追放された公爵たちも、森の中のユートピアではあたかも何のタブーもないように、男色そして獣との交歓までも展開する…。厳格な規範に縛られた宮廷生活を離れたこの森では、様々な性の取り違えが起こります。「自分は男」「自分は異性が好き」と何の疑いももたなかったジェンダーの認識が、実は世間や時代の価値観に縛られた思い込みにすぎないのかもしれず、私たちのアイデンティティのよってたつところは案外あやうい砂地の様なものではないのか…。昨今、性の多様化への理解が進み、LGBTといったマイノリティーの存在が社会に受け入れられつつあると、報道されていますが、その実、依然としてはびこる、ジェンダーにとらわれ、性的志向にレッテルを貼りたがる「常識的な思考」に対して、熊林は、演じる者、観る者に問いかけます。

「あなたは本当に自分の思っているようなあなたですか?」
「あなたが愛するのは本当にその人ですか?」

豪華な顔合せ、予測不能な演出で、
これまでに見たことのない『お気に召すまま』に

そして、この構想を体現するに相応しいキャストが揃います。「かもめ」に続いて、満島ひかり坂口健太郎中嶋朋子山路和弘小林勝也と人気実力充実の面々、そして、満島真之介中村蒼の熊林が信頼をおく若手男優陣も顔を揃えます。また、初出演組としては、温水洋一広岡由里子ら存在感ある個性派や、萩原利久碓井将大らのフレッシュなメンバーが加わることとなりました。


さらに、この顔合せに、熊林はシェイクスピア上演史上にも珍しい、男女や年齢を大胆にひねった配役をほどこします。「世界はすべて一つの舞台、人間はすべてこれ役者にすぎぬ」の名台詞で知られる厭世的な哲学者、ジェイクスの役をまだ20代の中村蒼が演じ、萩原利久演じる羊飼いのシルヴィアスが恋するフィービーを演じるのは広岡由里子、そして、碓井将大演じるウィリアムが恋するのはなんと小林勝也が演じるオードリーと、予想もつかないカップリングです。

一筋縄ではいかない、意表を突く表現で知られる熊林が、どのような世界を見せてくれるのか……。ぜひ、ご期待ください。

PAGETOP